支払い督促の申し立てをしなければならない

http://www.machinifeed.com/%e6%94%af%e6%89%95%e7%9d%a3%e4%bf%83%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6.html

http://www.machinifeed.com/?p=13

支払督促とは、日本における民事司法制度の1つです。
債権者の申し立てに基づき、債務者に対して金銭の支払などをするよう督促する旨の裁判所書記官の処分を言います。
旧民事訴訟法においては、簡易裁判所が発する「支払命令」という裁判の形でした。
しかし、現行の民事訴訟法においては、書記官の権限に移り、名称も変更されました。
支配ら督促は、民事訴訟法第7編に基づいてなされています。
支払督促のための手続きのことを「支払督促」と呼びます。
では、支払督促のその機能はどのようなものなのでしょうか。
「仮執行の宣言」というものを付した支払督促ですと、比較的簡易・迅速・低額に取得することが出来、その上執行文を得ることなく強制執行を行うことが出来ます。
これに関しては、民事執行法25条に記してあります。
このために、貸金業者や信販会社などにおいて、取立ての手段としてもしくは、執行不能長所を得手、不良債権を無税償却するためなどに利用しています。
支払督促の管轄については、債務者の普通裁判籍の所在地を管轄している「簡易裁判所」の裁判書記官に対して行われます。
ただし、事務所ですとか営業所を有している人に対する請求で、その事務者や営業所における業務に関するものについての支払督促の申し立ての場合となりますと異なってきます。
このような場合は、当該事務所や絵意義要所の所在地を管轄する簡易裁判所の裁判所書記官にたいしても行うことが出来ます。
更には、手形または小切手による金銭の支払盛況や附帯する請求に関しては、手形または小切手の支払地を管轄する簡易裁判所の裁判書記官に対しても行うことが出来ます。
このことに関しては、専属管轄であり、特別裁判籍に関する規定や、併合請求における管轄に関する規定は、支払督促の申し立てには適用されませんのでご注意ください。
ですので、主債務者と連帯保証人とに対する請求についても、別の簡易裁判所の裁判書記官に支払い督促の申し立てをしなければならない事もあるのです。
自分でできる!支払督促